公明党大阪市会議員団

平成31年度予算編成に向けた代表質問


今週はいよいよ平成31年度予算市会の大詰めとなります!

議決に先立ちまして、2月27日に西﨑てるあき(旭・3期)議員が、市長に対して、予算編成に向けた代表質問を行いました!
今こそ、2025大阪・関西万博に向けて、大阪市が一致団結して「世界のOSAKA」を築く時であると訴えました!

質疑項目の中でも、残念にも昨今増え続ける「児童虐待」や池江璃花子選手の公表で大きな注目を集める「AYA世代のがん患者に対する支援」など、新たな観点からの質疑も行いました!

今後も、こうした小さな声、声なき声に耳を傾けながら、しっかりと政策へと結び付けてまいります!

<主な質疑項目>
1.成長戦略について
(1)大阪・関西万博の開催について
(2)統合型リゾート(IR)誘致について

2.財政問題について

3.こども施策について
(1)待機児童ゼロ対策について
(2)幼児教育の無償化について
(3)児童虐待防止対策について
(4)こどもの貧困対策について

4.教育施策について
(1)学力向上の取り組みについて
(2)学校教育におけるICT活用事業について

5.健康施策について
(1)AYA世代のがん患者に対する支援について
(2)ギャンブル等依存症対策について

6.福祉施策について
(1)高齢者の相談支援体制の強化について
(2)弘済院の機能を継承する新病院等について
(3)長居障がい者スポーツセンターについて

7.プレミアム付商品券の発行について

8.女性の活躍促進について

9.小中学校の体育館へのエアコン設置について

10.行政手続きのオンライン化について

11.多文化共生施策の推進について