公明党大阪市会議員団

「市立幼稚園 保育室への空調機の設置に関する緊急要望」


本日11:30~「市立幼稚園 保育室への空調機の設置に関する緊急要望」を吉村市長に対して行いました!

公明党の「100万人訪問・調査」運動において、寄せられたお声をきっかけに調査を始めました。
市立幼稚園の大半では、こどもが活動する「保育室」には空調機が設置されていない実態があり、視察した2園では36℃や34℃と、到底教育に適した環境ではありませんでした。
今夏の「災害」とさえ言われる「猛暑」から緊急に要望いたしました。

吉村市長は「暑い中で今通っている児童のため、クーラー設置ができるよう前向きに数日中に結論を出したい」と返答がありました。また、今夏の対応についても「緊急にスポットクーラーなど、きちんとした対応を近いうちに検討したい」と話がありました。

今後も市民の皆様のお声を市政に届けて政策に実現してまります!