公明党大阪市会議員団


8/2(木)11:30~「第26回五大市政策研究会」が、神戸市内にて開催されました。
本年のテーマは、「各都市における認知症対策の取り組みと課題について」です。

大阪市会からは、山田まさかず(生野・2期)議員が発表をさせていただきました。

大阪市の先進的な取り組みである3事業についてご説明しました。
①早期発見・早期治療を支援する「認知症アプリ」の運用
②認知症高齢者の発見・対応を向上させる「認知症強化型地域包括支援センター」の運営
③「認知症サポーター」と「活動場所」「認知症の人」をマッチングさせる「認知症サポーター地域活動促進事業」

また、認知症による徘徊高齢者が安心して暮らせる支援体制の整備、認知症疾患医療センター地域型の人員配置に見合った国庫補助基準額の確保等の必要な措置の実施などを国への要望事項として挙げました。

他の政令市からは認知症の人にやさしいまちづくり条例の制定、事故救済措置の取り組み、認知症サポート医や認知症対応力向上研修などが発表され、大阪市でも取り入れるべき内容や議論すべき課題がありました。

そして、兵庫県国会議員を代表して伊藤たかえ参議院議員、来年の参議院選挙予定候補・高橋みつおさんからご挨拶がありました。

最後に、五葉あんしんすこやかセンター長(地域包括支援センター長)の清水邦子さんより「地域包括支援センターにおける認知症の人を支えるための取り組み」のご講演をお聞きしました。
徘徊高齢者や支援が困難な認知症高齢者へのアプローチなどの質問がありました。

今回の研究会で得たものから認知症の方をはじめ市民が安心して暮らせるまちづくりを“福祉の党”公明党として力強く進めてまいります!!!

公明党大阪市会議員団さんの写真